バリハイクルーズに行ってきました!

ホワイトサンド&エメラルドグリーンのビーチへLet’s Gooooooooooooooooooooo==>>>!!

バリ島からボートで約40分。

冷房が効いた室内と、潮風が心地よいデッキ。
音楽隊?!も乗り込み、ゆかいなデイトリップがスタートしました♪

スタッフはみんなフレンドリーで、とっても愉快。
音楽隊はわたしたち日本人を見付けると、いきなり寄ってきて、「いとしのエリー」を日本語で熱唱。
続きましては、「昴」を熱唱。。。
次に韓国からのお客様をみつけると、今度は韓国語で韓国の歌を熱唱。

そんなこんなしながら他の国からのお客さんとも仲良しになって、わきあいあいと、楽しい時間を過ごしていると、、、昔のバリの面影の残る島、『レンボガン島』に到着!

ボンツーンという人口浮島に船は停留します。

さぁ!マリンスポーツだぁ!!ってことで、
まずは、グラスボトムボードを体験。
ご存知かと思いますが、これはボートの下の一部がガラスになっており、船に乗りながらにして、体をぬらすことなく、お魚がみられます。
海に入るのが苦手な方やお子様やご年配の方におすすめです。

さて、次は、シュノーケリング!
全部道具は貸し出してくれます。道具の装着の仕方やもぐり方は、ちゃんとインストラクターが教えてくれるので、未経験者でも全く問題ありません。

そして、お次は、ウォータースライダーにバナナボード。

ベタなマリンスポーツほど、意外に楽しいものです☆
リゾートを満喫した気分になりますよね。
ちょっと心地よい疲れを覚えたら、船でレンボガン島に上陸しましょう。

まずは、30分程度でひとまわりできるレンボガン島のビレッジツアーへ。
のんびりとして本当に静かなレンボガン島になんだか癒されます。

ちょうどお腹がすいた頃に島でランチ♪
バーベキュービュッフェです。
マリンスポーツをしてお腹がすいてるので、なんでも美味しい!
(飲物代は別途かかります)
ランチ中も、音楽隊が演奏で雰囲気を盛り上げてくれました。

ランチ終了後、再びマリンスポーツへ。
ふたりの息が試される二人乗りカヌーに挑戦!
これが案外難しかった・・・。
息が合わないのか、思う方向に進まず。。。
このカヌーは地味ですが、案外おもしろくて、今でもあの女子スタッフ二人乗りカヌー体験、忘れられません(涙)。

そして、出発時間までバリハイさんの専用プールでのんびり泳いだり、卓球をしたり・・・
本当に中身の濃い楽しい一日を満喫しました☆

最後は、なんだかなごり惜しくてきれいな貝を拾っちゃったりなんかして、貝を握り締め、そしてボンツーンへ。

帰路も、音楽隊の演奏でみんなで「すきやき」を合唱しながら、楽しいひと時を過ごしました。

バリハイのスタッフとの別れもなんだか惜しい、そんな楽しいバリハイクルーズでした。

ホテルに到着した後は、もちろん、日に焼けた肌をスパで☆

多くの方にぜひ体験してほしいオプションのひとつです!

※バリハイには身軽な格好でいきましょう。
※日焼け止めやサングラス、船酔いしやすい方は酔い止めをお持ち下さい。
※一部、有料のアクティビティーもありますのでご注意ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SOUTHERN RESORT WORKS

SOUTHERN RESORT WORKS

投稿者プロフィール

株式会社サザンリゾートワークス

インドネシアのバリ島やジョグジャカルタをはじめインドネシア各都市の旅行予約やツアー販売。ガルーダインドネシア航空のチケット代理販売などを扱う旅行代理店です。お客様ひとりひとりのご要望に合わせた、コンサルティング型の旅行手配を得意としております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の投稿

おすすめ記事

  1. ビジネスクラス!『アヤナリゾート&スパ バリ』《大切な人とラグジュアリーな旅を「クラブルーム(インド…
  2. バリ島の海は世界の中でも生物の種類も豊富でたくさんのダイビングポイントがあるところ です。他では見ら…
  3. 日時 サンライズ (日の出時刻) …
  4. ■アヤナリゾート&スパ/リンバ・ジンバラン・バリでは「12月初旬からクリスマス、さらに2017年ニュ…
  5. ロンボク島のJL.RAYA KUTA (クタ地区)沿いにあるロンボク島でもおすすめしたい!フレンドリ…

旧ブログ記事

お問合せ

WEB限定キャンペーン

航空会社別ツアー検索

ガルーダ・インドネシア航空
大韓航空
中国東方航空
中国南方航空

INSTAGRAM

ソーシャルメディア

ページ上部へ戻る