”バリ島” サーフィン サーフポイント情報

”バリ島” サーフィン サーフポイント情報

”バリ島” サーファー天国のバリ島。ポイントもビギナーからエキスパートまで対応の充実エリア。ショッピングや宿泊施設なども数えられない程あります自分スタイルに合わせたトリップをエンジョイできるはず。「神々の島・バリ島」でSURFING—!

パダンパダン

RIP CURL CUP PADANG PADANG
バリ島で最も盛り上がるのがこのサーフィン大会!!
毎年、ものすごい波でのものすごいサーフィンが見れます。

”バリ島の魅力は何と言ってもビギナーからエキスパートまでが楽しめるバラエティーに富んだ波とバリ特有のヒンドゥー文化だ。季節ごとに移り変わるサーフスポットを隈なく訪ねてみるのも旅の醍醐味。宿泊施設もサーファーに適したリーズナブルなものからアマンを代表とする高級リゾートまで充実している。一流のサーフガイドによるツアーやサーフスクールも利用できるので自分のスタイルに合ったサーフトリップを実現できるのも魅力の一つだ。日本からロンボクへのボートトリップもアレンジできるので安心して快適なサーフアドベンチャーが楽しめる。”

パダンパダン

RIP CURL CUP PADANG PADANG 2012

メドウィー

[MEDEWI (メドウィー)]
バリの中でもレフトのロングライドが可能なことで有名。リーフが多いバリの中ではボトムは玉石で比較的イージーな波質なので初級者から上級者までサーフ可能だ。ショートボーダーからロングボーダーにとっても狙い目の嬉しいいポイントだ。但し、クタから相当離れているので、ポイントへ行くにはワンデイトリップの準備が必要だ。
[レベル] 初級者~上級者
[ベストシーズン] オールシーズン
[ベストサイズ] 1~6

ウルワツ

[ULUWATU (ウルワツ )]
ジェリーロペスやピーターマッケーブが賞賛してやまなかったバリ島最高峰のポイント・ウルワツ。プロ・アマ問わず世界中からのサーファーが毎年アタックを繰り返している。特に5ft以上のコーナーでのバレルが勝負の場となっている。波は1~12ftまでに達し入る者の技量が試されるポイントだ。
[レベル] 中級者~上級者
[ベストシーズン] 4~10月
[ベストサイズ] 1~12

パダンパダン

[PADANG (パダンパダン)]
ウルワツが8ft以上になった時にその本領を発揮するのがパダンパダンだ。テイクオフの瞬間から波がホレ上がりバレルが続く。世界中から訪れるエキスパートサーファーのメッカとなっている。世界の数あるハードコアウェーブの中でもトップランクにノミネートされているスーパーポイントだ。当然エキスパートオンリー。
[レベル] 上級者ONLY
[ベストシーズン] 4~10月
[ベストサイズ] 4~8

クタビーチ&ハーフウェイ

[KUTA BEACH (クタビーチ&ハーフウェイ)]
クタの目の前に展開するのがクタビーチとハーフウェイビーチだ。レンタルボード屋も多く、サンドボトムで遠浅なので比較的安心して初心者でもサーフィンができる。しかしコンディションが整えば波もサイズアップしビーチブレイク特有のチューブが顔を出す。初心者から上級者まで楽しめる。
[レベル] 初級者~中級者
[ベストシーズン] 4~10月
[ベストサイズ] 1~4

レギャンビーチ

[LEGIAN BEACH (レギャンビーチ)]
クタビーチから少し北に行くとレギャンビーチにたどり着く。クタビーチからも歩いける。バリの中でも数少ないビーチブレイクだが、クタやハーフウェイよりもワンサイズ大きくコンディションさえ整えばリーフブレイクを彷彿させるパワーウェーブが出現しポイントも多く人も分散しているのでので、リーフブレイクへのチャレンジ前の練習に最適だ。初心者から上級者まで。但しカレントに要注意。
[レベル] 初級者~上級者
[ベストシーズン] 4~10月
[ベストサイズ] 1~4

エアポートリーフ

[AIR PORT REEF (エアポートリーフ)]
クタリーフと並びクタに面したポイントだ。滑走路を挟んでライトウェーブととレフトウェーブのポイントに分かれている。ポイントまではボートで行く必要がある。水深が浅くハードコーラルなので注意が必要。ベストコンディションの時はバレルが出現し相当の混雑が予想される。初心者もサーフ可能だがコンディションを見て自分の技量と相談してエントリーする必要あり。
[レベル] 中級者~上級者
[ベストシーズン] 4~10月
[ベストサイズ] 2~6

クラマス

[KERAMAS (クラマス)]
最近メジャーになり始めたライトオンリーのリーフブレイクだ。他のポイントに比べうねりにも敏感でクオリティーウェーブが期待できるが、ポイントが狭いので10人以上のサーファーがいる時は他のポイントに移動したほうが無難。このポイントは早朝のハイタイド時がが狙い目。焼けた砂の上を歩くことになるでの用意周到に。中級車&上級者向き
[レベル] 中級者~上級者
[ベストシーズン] 3~4 / 10~12月
[ベストサイズ] 1~4

ドリームランド

[DREAMLAND (ドリームランド)]
アウトサイドの波はロングボートに適し、ショアブレイク気味のインサイドブレイクやマニューバー系のショートボーダーに打ってつけだ。コンディションによっては2~6ftまで波が立つ。テイクオフがイージーで押してくれるような波質なので初心者から上級者まで幅広く楽しめる。
[レベル] 初級者~上級者
[ベストシーズン] 4~10月
[ベストサイズ] 2~5

ビンギン

[BINGIN (ビンギン)]
ドライシーズンの4~10月までがメインシーズン。波はコンパクトでパーフェクトだがボトムは極めて浅くハードリーフのため相当リスキーなポイントだ。4ftまでがベストサイズで5ft以上になるとクローズアウト。テイクオフポイントが非常にナローなためスーパーウェーブを掴むチャンスは極めて低くなる。波のコンディションとタイミングを見計らうサーファーとしてのセンスが必要。当然中級者以上レベルが要求されるポイント。
[レベル] 中級者~上級者
[ベストシーズン] 4~10月
[ベストサイズ] 1~4 

インポッシブル

[IMPOSSIBLE (インポッシブル)]
パダンパダンとビンギンのほぼ中間に位置するインポッシブル。エントリーはパダン方面からとビンギン方面からの2ウェイがあるがビンギンからゲティングアウトするほうが帰りが楽なようだ。西うねりで4ft以上のロータイド時には信じられないほどのロングライドが可能となる。4ft以上の波にチャレンジする場合はガンが必要だ。中級以上のサーファーに適したポイント。
[レベル] 中級者~上級者
[ベストシーズン] 4~10月
[ベストサイズ] 3~10

クタリーフ

[KUTA REEF (クタリーフ)] 
エアポートリーフとクタビーチの間に位置するリーフタイプのレフトウェーブがクタリーフだ。ポイントまではパドルで行く方法とビーチでボートをチャーターする方法がある。昔からウルワツの登竜門として知られている。波質は極めてよく2~6ftのクラシックな波が立つ。中級者から上級者向きのポイント。
[レベル] 中級者~上級者
[ベストシーズン] 4~10月
[ベストサイズ] 2~6

チャングー

[CANGUU (チャングー)]
クタからのアクセスも良く波質も良いので日本人も含め多くのプロが訪れている。ポイントは全部で4つに分かれ、サンドバー、リーフ、リバーマウスに立つ波はバラエティーに富んでいて波質も良い。1~5ftの波がベスト。レフトブレイクの多いバリの中でも取って置きのライトウェーブを提供してくれるポイントだ。初心者から上級者まで楽しめる。
[レベル] 初級者~上級者
[ベストシーズン] 4~10月
[ベストサイズ] 1~5

ニャンニャン

[NYANG-NYNAG (ニャンニャン)]
ウルワツを南へ下ったバドゥン半島の先端に中級上級者向けのポイント・ニャンニャンがある。このポイントは上質のライトを堪能することができるがボトムがコーラルリーフでかなりシャロー。しかもサイズアップに伴い、ストロングカレントも発生するので、コンディションによってはエキスパートオンリーとなるポイントだ。
[レベル] 中級者~上級者
[ベストシーズン] 3~4月 / 10~12月
[ベストサイズ] 1~5

グリーンボウル

[GREEN BOWL (グリーンボウル)]
数あるバリのポイントの中でもハードコアウェーブのひとつと言われているグリーンボウル。ここは沖に向かうカレントもかなり強く、常に自分のポジションも確認しておく必要がある。早朝のハイタイド時の1~5ftがベストサイズ。かなりハードなポイントのため、中級以上のエキスパート向きだ。
[レベル] 中級者~上級者
[ベストシーズン] 3~4月 / 10~12月
[ベストサイズ] 1~5

マッシュルームロック

[MASHROOM ROCK (マッシュルームロック]
ヌサドゥアのリゾートエリアにあるポイント。名前の由来となったマッシュルーム形の岩が目印だ。水深が浅く、しかもリーフがハードなので要注意。ライトのハードなシリンダーチューブが魅力的だが、経験とテクニックが要求されるので中級以上のサーファーに適している。
[レベル] 中級者~上級者
[ベストシーズン] 11~3月
[ベストサイズ] 1~4

ヌサドゥアリーフ

[NUSADUA REEF (ヌサドゥアリーフ)]
バリでは雨季に当たる10~3月がベストシーズンでベストサイズは2~8ftの波が立つ。ヌサドゥアリゾートエリアに位置するため分かりやすい。ポイントはビーチから数百メートル先にある為カヌーをチャーターするのがベスト。波質も硬くパワーがあるライトめがけてサーファーが訪れる。インサイドは相当浅いので要注意。中級・上級者向きのポイントだ。
[レベル] 中級者~上級者
[ベストシーズン] 11~3月
[ベストサイズ] 2~8

ハイアットリーフ

[HYATT REEF (ハイアットリーフ)]
隣接するハイアットホテルの名が付けられたポイントだ。波は厚めでパワーのあるライトブレイクなので大きくラインを取ったマニューバーが描ける。ビーチから数百メートルのポイントなのでパドルアウトも可能だが、ボートをチャーターするのもひとつの手。比較的ローカルも少なく空いているが条件が揃えば最高のクオリティーウェーブが味わえる。
[レベル] 中級者~上級者
[ベストシーズン] 11~3月
[ベストサイズ] 2~6

バランガン

[BALANGAN (バランガン)]うねりの方向や干満の差によって様々なタイプの波が現れる。1~8ftのレフトウェーブが立つが3ftまでビギナーにお勧めのサイズだ。1日ビーチでのんびりしているといい波に出会うチャンスが訪れる。レベル的には初心者から上級者までサーフ可能だがロータイドやオーバー3ftの時は中級者上級者に最適。[レベル] 初級者~上級者
[ベストシーズン] 4~10月
[ベストサイズ] 1~8

タンジュンサリリーフ

[TANGJUN SARI REEF (タンジュンサリ)]
タンジュンサリリーフ駐車場右のメインのレギュラーとライトとレフトの波が立つ。ハイタイドからミディアムタイド時にはライトとレフトが楽しめる。4ftオーバーになるとライトはクローズアウトになるがレフトはスーパーチューブになる。
[レベル] 中級者~上級者
[ベストシーズン] 11~3月
[ベストサイズ] 2~6

スリランカ

[SRI LANKA (スリランカ)]
マッシュルームロックとスランガンの内側にあるスリランカはロケーション的にもうねりが入りにくく本領を発揮するのは稀だが小まめにチェックして「THE DAY」を狙えば比較的空いているのでマシンウェーブを堪能できる。しかし、カレントも強く、とてもシャローでリーフもハードなので中級以上のレベルが必要。
[レベル] 中級者~上級者
[ベストシーズン] 11~3月
[ベストサイズ] 2~6

スランガン

[SERANGAN (スランガン)]
島の東側に位置しているので雨季にグットコンディションとなる。リーフの割には水深が深く1ftからサーフィン可能なのでビギナーやロングボーダーにも人気が高い。但しコンディションが整えばカレントも強くハードブレイクとなりローカルセッションが始まるので初心者はノットエントリー。
[レベル] 初級者~上級者
[ベストシーズン] 11~3月
[ベストサイズ] 1~6

サヌールリーフ

[SANUR REEF (サヌールリーフ)]
バリのベストウェーブのひとつとして名高いサヌールリーフ。雨季にベストシーズンを向かえ3ftオーバーで本領を発揮しライトへのスーパーチューブが炸裂する。ロングライドが可能だがインサイドは相当浅く要注意。中級者以上のレベルを要するポイントだ。
[レベル] 中級者~上級者
[ベストシーズン] 11~3月
[ベストサイズ] 3~8

サヌールシークレット

[SANUR SECRET (サヌールシークレット)]
サヌールリーフの北に位置するのがビーチブレイクのサヌールビーチだ。シークレット言えどもポピュラーなポイントなので混雑している。コンディションが整うとビーチブレイクの本領を発揮し、かなりパワーアップした波が立つ。十分に注意すれば初心者でもサーフ可能だ。
[レベル] 初級者~上級者
[ベストシーズン] 11~3月
[ベストサイズ] 1~4

ケテウェル

[KETEWAL (ケテウェル)]
サヌールシークレットの隣に位置しインサイドで割れるレフトと右手で割れるライト&レフトがある。ボトムはリーフタイドな波だが波質はタイトではないのでファンサーフが可能だ。サイズ的には1~4ftがベスト。隣のサヌールシークレットと比較するとワンサイズ小さくなるが、サイズがアップするにしたがいカレントが強くなるので要注意。初心者でもサーフ可能だ。
[レベル] 初級者~上級者
[ベストシーズン] 11~3月
[ベストサイズ] 1~4

レンボンガン

[レンボカン島]
1デイボートトリップでいけるレンボカンのポイントはプレイランドやシュープレックス。どのポイントもリーフが険しく流れが強いので注意。ロータイドには特に注意しよう。ライトウェーブのシュープレックスはサイズアップに伴い、チューブを巻く。入る前には必ずタイド表を用意すること。
[レベル] 中級者~上級者

■バリ島サーフィン・フォトセレクション

エアポートリーフ エアポートリーフ
エアポートリーフ バリアン
バリアン バリアン
パダンパダン パダンパダン
パダンパダン チャングー
チャングー チャングー
ビンギン ビンギン
ビンギン ウルワツ
ウルワツ ウルワツ
ウルワツ ウルワツ
クタ クタ
クタ メドウィー
メドウィー メドウィー
クラマス クラマス
レンボンガン レンボンガン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SOUTHERN RESORT WORKS

SOUTHERN RESORT WORKS

投稿者プロフィール

株式会社サザンリゾートワークス

インドネシアのバリ島やジョグジャカルタをはじめインドネシア各都市の旅行予約やツアー販売。ガルーダインドネシア航空のチケット代理販売などを扱う旅行代理店です。お客様ひとりひとりのご要望に合わせた、コンサルティング型の旅行手配を得意としております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 近年チャングー周辺は欧米系のサーファーが集まるバリ島屈指の人気エリアとなりつつあります。エコービーチ…
  2. ロンボク島。サーフトリップ宿選び(ゲストハウス、ホテル)。弊社で人気のステイ先をご紹介! ■ロ…
  3. ワメナやバリエム渓谷への玄関口にもなっているパプア州の州都ジャヤプラ&奥深い原生林のジャングルと5,…
  4. Watu Karung(ワトゥ・カルン) スラウビーチよりもさらに西にあるワトゥ・カルンは、ワール…
  5. バリ島ウブド地区の緑深き渓谷沿いに2015年オープンした、ビルディングタイプ約150室の客室を備える…

旧ブログ記事

お問合せ
ツアー検索

WEB限定キャンペーン

航空会社別ツアー検索

ガルーダ・インドネシア航空
大韓航空
中国東方航空
中国南方航空

INSTAGRAM

ソーシャルメディア

ページ上部へ戻る