ベストシーズン到来ですコモドドラゴンに遭遇

インドネシアのコモド諸島に生存する、体長3m以上のコモドオオトカゲ(別名コモドドラゴン)に遭遇しませんか。

私も二度コモド島を訪れました。 最初は1995年ごろでした。バリ島からスンバワ島のビマまで飛行機で行き、サペの港まで車で移動しました。
港で漁船のような船に乗り、ポンポン、ポンポンと船のエンジン音にリズムを合わせ、ゆっくりと波静かで微風の海面は時に眠りをさそう船旅でした。約6時間の船旅でコモド島に到着した頃は夕闇に入るような時でした。
コモド島に上陸し、入島の手続きを済ませランプの灯りで簡単な夕食を済ませました。
私はひとり旅でしたが、ヨーロッパからの旅行者も何人かおり、持ち込んだポケットウイスキーを共に飲んだりしました。
ロッジにはベットが並んでおり、なにらや天井ではネズミ大運動会が始まっているようでした。そんな中シュラフに体をねじ込み無理やり眠りに着く感じでした。
朝、なぜかすがすがしく寝覚め、身支度をして保安員と共に山中に入って行きました。20分くらい歩くとなんとあのコモドオオトカゲ(コモドドラゴン)が十数頭目の前に迫っていました。
保安員な手馴れた棒さばきでコモドオオトカゲを上手く誘導しており、私はただただ保安員の後ろで棒立ちでした。
17年程前の旅でしたが鮮明に覚えています。

2度目は4年程前にラブハンバジョーからの船旅で、リンチャ島からコモド島へと一日で旅するコモド諸島の旅でした。
コモドオオトカゲに再会することができ、何故か良き友に再会したようなうれしい気持ちでした。
雄大で美しいコモド諸島の景観も、紅く染まる見事な夕日も何一つ変わることはありませんでした。

思うにただただ船の上に身を置き、なにも考える必要もない時間は時に人には必要に思う旅でした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SOUTHERN RESORT WORKS

SOUTHERN RESORT WORKS

投稿者プロフィール

株式会社サザンリゾートワークス

インドネシアのバリ島やジョグジャカルタをはじめインドネシア各都市の旅行予約やツアー販売。ガルーダインドネシア航空のチケット代理販売などを扱う旅行代理店です。お客様ひとりひとりのご要望に合わせた、コンサルティング型の旅行手配を得意としております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の投稿

おすすめ記事

  1. ガルーダインドネシア航空
    ガルーダ・インドネシア航空限定 ツアー用・各種割引サービスのご紹介(2017/4/1-2018/3/…
  2. ヒンドゥーが多くの文化・芸術を生み出したバリ島。世界のブランドホテルなど多くのホテルがバリの自然と融…
  3. ガルーダインドネシア航空を利用している弊社ツアーでは、各種割引が利用できます。 割引をうま…
  4. ギリ・トラワンガン島のホテルで白砂のビーチと透明度の高い海が目の前に広がっておりロケーション抜群!バ…
  5. 2017-2018年ガルーダ・インドネシア航空(GA)利用ツアーお見積り開始のお知らせ! 20…

旧ブログ記事

お問合せ

WEB限定キャンペーン

航空会社別ツアー検索

ガルーダ・インドネシア航空
大韓航空
中国東方航空
中国南方航空

INSTAGRAM

ソーシャルメディア

ページ上部へ戻る