ノスタルジックな光景が広がる素朴な島「レンボンガン島」へ行こう!

*レンボンガン島って??
バリ島の約12キロ東に浮かぶレンボンガン島はバリ州クルンクン県に属する、面積約8キロ平方メートルの小さな島です。透き通った青い海、白い砂浜、緑豊かなジャングルとマングローブの森など、自然豊かな島にはゆったりとした心地よい空気が流れています。何もしないという贅沢を満喫しながらのんびりしたり、島内を巡って素朴な人々の生活を垣間見たり、サーフィン、ダイビング、シュノーケリング、SUP(スタンドアップパドル)などマリンスポーツ三昧など、色々なスタイルでどんな人でも楽しめる魅力的な島です。

*どうやって行くの?
(1)スピードボート
サヌールから毎日出航。レンボンガン島までの所要時間は約30分です。
(2)クルーズ船
ブノア港から毎日出航。船上の旅をメインに楽しむものや、レンボンガン島の沖合でのマリンアクティビティを楽しむもの、島に上陸して島内観光をするものなど、種類は様々です。
(3)乗り合い船
サヌールから毎朝、ローカル用の乗り合い船が出航。料金交渉などを自分でしなければなりませんので、言葉に自信のある方や旅慣れた方にしかおすすめできません。

*ノスタルジックな光景が広がる素朴な島

数年前にようやく24時間電気が使えるようになったレンボンガン島には、昔ながらの素朴な生活がまだまだ残されています。人々が漁や海藻の養殖で生計を立てながら、ヒンズー教を日々の軸として、のどかに暮らしている様子をみることができます。島には観光客や荷物を運ぶ為のミニトラックが何台かあるだけで、車はほとんど走っておらず、交通渋滞などとは無縁です。島の人々の移動手段は主にバイクですが、ヘルメトットを被っている人は皆無で、ナンバープレートも付いていないバイクがほとんどですから、驚きです。ちなみに、免許も皆さんもちろん持っていません。それもこれも、レンボンガン島には警察が無いからなんです。小さな島では、ほとんどの人が顔見知りな為、犯罪が起きないそうです。

*食糧・水をはじめほとんどの物資はバリ島から
乾燥ぎみで土地もやせているレンボンガン島では、農作物もあまり育ちません。その為、ほとんどのものは毎日バリ島から船で運ばれてきています。食べ物以外の物資ももちろんバリ島からです。バイクや車が走っているにも関わらず、正規のガソリンスタンドは無く、バリ島から知りれたガソリンをガラスボトルに入れたものがお店や道端で売られています。「都会の方が物価が高い」、と日本の感覚で思いがちですが、実はレンボンガン島の方がバリ島よりも物価が高めです。沖縄の離島と同じですね。ほとんどの物がバリ島から船で運ばれてくる関係上、どうしても割高になってしまうのです。人々の生活にとって欠かせないお水でさえ、バリ島から運ばれてきます。島では井戸を掘っても海水しか出ないことがほとんとなので、島では真水はとても大切なものです。ちょっとしょっぱい水がシャワーから出るホテルもよくありますが、それは真水が出ない小さな島ならではのことですので、「水のありがたみを知るいい経験」と思って大目にみていただけると助かります。

*自然がいっぱいのレンボンガン島

観光地として目覚しい発展をとげているバリ島とは大きく違い、まだまだ原風景の残るレンボンガン島には、素晴らしい自然が残されています。特に、島の北側から東側にかけては、見事なマングローブの森が広がり、多様な生態系を形成しています。また、マングローブには水質浄化効果がある為、マングローブの森の近くには美しい珊瑚礁が広がり、数多くの熱帯魚が生息しています。

*レンボンガン島内マップ

・島の中心部
船着場を中心に、島の西側のビーチ沿いにお店やレストラン、ホテルが点在しています。沖合にはサーフポイントが3ヶ所あり、バリ島から日帰りでサーフトリップにやって来るサーファーもたくさんいます。
・マングローブの森
島の北側から東側にかけて、マングローブの森が広がっています。マングローブツアーの船やSUP(スタンドアップパドル)の出発点となっている辺りには、ビーチの目の前にレストランやバンガローが並んでいます。そのビーチの沖合には綺麗な珊瑚礁が広がっており、熱帯魚もたくさん生息している為、シュノーケリングポイントにもなっています。
・ビーチ
島の左端の方には小さな入江がいくつかあり、白砂が美しいビーチとなっています。ホテルやレストランもあり、人の少ないビーチでまったりするにはもってこいのスポットです。
・島の西側
観光施設はほとんどなく、家やお寺、学校、家々があり、人々が昔ながらの生活をしています。また、西側にはお隣の「チュニガン島」へ渡れる吊り橋がかかっています。
・島の中央部
手つかずのジャングルが残されています。

*レンボンガン島の楽しみ方
・アクティブに島を満喫:レンボンガン島には大きく分けて2種類のアクティビティがあります。1つは、マングローブの森探検、海を颯爽とお散歩するSUP(スタンドアップパドル)とシーカヤック、珊瑚礁や熱帯魚と出会うシュノーケリングやマリンウォークなど、レンボンガン島の自然を楽しむもの。もう1つは、島内観光やテングサ作業体験など島の暮らしを垣間見るもの。どちらもレンボンガン島の魅力を存分に堪能できるものばかり!離島の田舎ならではのアクティビティに参加して、島を思い切り楽しみましょう!

・のんびりする贅沢:のどかな島にせっかく来たのだから、あくせくしないでまったり過ごすのも1つの過ごし方です。オススメは、透明な海とマングローブの森を見渡すカフェ「LOAビーチハウス」。クッションやガゼボ(東屋)でゴロンとしながら飲むビールやフレッシュジュースは格別!暑くなったら目の前の海へジャ~ンプ!LOAビーチハウスには鍵付きのロッカーやシャワールームもあるので安心快適です。

・日帰りにするか宿泊するか?:レンボンガン島はバリ島からスピードボートで30分と近いので、日帰りで訪れることができます。朝一のボートで行って、夕方便で帰れば、約6時間島に滞在することができ、十分に楽しむことができます。※ボートの出発時間はボート会社によって異なります。でも、やっぱりオススメは、レンボンガン島に1泊!静かで穏やかな島に来たら、帰る時間を気にしないでのんびりとした気持ちで楽しみたいですよね。レンボンガン島は夜もオススメです。夜遊びどころはほとんどありませんが、代わりに、車やバイクなどの雑音のない静かな夜を満喫できます。雲のない日には頭上に広がる満点の星空も!

*レンボンガン島でできるアクティビティー
☆マングローブの森を探検!
生い茂る緑のマングローブの中を小舟やSUP(スタンドアップパドル)で探検!!エンジンを使わないで森の中へ進んで行くと、聞こえてくるのは鳥のさえずりと木々のせせらぎだけ。まるで無人島のジャングルの中を本当に探検しているような気分が味わえ、冒険心が満たされます。マングローブの森の中では、自然についてのお勉強も。実際のマングローブを見ながら、その生態や環境に対する役割などをガイドが丁寧に説明します。小舟でのツアーは、水に濡れることもなく洋服のままで参加できますので、小さなお子様やご年配の方でも安心して楽しむことができます。 アドベンチャーを求めるアクティブな方にはSUPがオススメです。

☆綺麗なサンゴとカラフルな熱帯魚を観よう!:
シュノーケリング
熱帯魚にとっての絶好の生息場所である珊瑚礁が、浅瀬に広がっていますので、潜らなくても、シュノーケリングだけで間近にたくさんの熱帯魚を見ることができます。運が良ければウミガメに出会えることも!
ダイビング
本格的に熱帯魚を見たいならダイビングを!マンボウやマンタなどの大物に出会えるポイントもあります。
マリンウォーク
泳ぎやシュノーケリングが苦手な方にオススメなのが、マリンウォーク。酸素の出てくるヘルメットを被りますので、顔は全く水に濡れず、地上と同じように呼吸したり話したりすることができます。もちろん、メガネをかけたままでも大丈夫!

☆潮風に乗って颯爽と海上散歩
波が穏やかで水深の浅い海は、海上散歩にもってこい!目に入るのは、青い海と広い空、そして生い茂るマングローブの美しい緑だけ、潮風を全身に受けながら爽快にお散歩を!
SUP(スタンドアップパドル)
今、流行りのSUPがレンボンガン島でも楽しめます。大きくて浮力のあるボードなので、ほんのちょっとの練習で、初めての方でもすぐに立てるようになります。立ってのバランスが取りづらければ、座って漕ぐのもOK。
シーカヤック
座って漕ぐだけなので、誰でも簡単に乗ることができます。まずは足の着く浅い場所で練習して、慣れたらちょっと沖へ出てみたり、マングローブの方へ回ってみたり。視線が海面に近いので、爽快感も抜群!

*昔ながらの生活が残る島を一周してみよう
穏やかでのんびりとした時間が流れているレンボンガン島をトラックの荷台に乗って1周。のどかな村の様子や海藻の養殖場、道端で元気に遊ぶ子供たちなど、島の生活を垣間見ることができます。窓の無い荷台席なので、吹き込む島の空気や聞こえる音、匂いなど、5感で島を満喫することができます。

*せっかくなので島の生活をちょっと体験
もっと肌で島を感じたい!!という方におすすめなのが、体験コース!ウニ採りで海女さん体験をしたり、島の名産であるテングサ(天草)を採ったり干したり、島の人たちのお手伝いをしてみましょう!

こんなノスタルジックな光景が広がる素朴な島「レンボンガン島」へのツアーはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SOUTHERN RESORT WORKS

SOUTHERN RESORT WORKS

投稿者プロフィール

株式会社サザンリゾートワークス

インドネシアのバリ島やジョグジャカルタをはじめインドネシア各都市の旅行予約やツアー販売。ガルーダインドネシア航空のチケット代理販売などを扱う旅行代理店です。お客様ひとりひとりのご要望に合わせた、コンサルティング型の旅行手配を得意としております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の投稿

おすすめ記事

  1. スラウェシ島の桃源郷タナトラジャ。キリスト教を受け入れながら独自のアニミズム文化を持つ。ユニ…
  2. アマンリゾート
    Aman opens doors to discovery in exceptional locat…
  3. Watu Karung(ワトゥ・カルン) スラウビーチよりもさらに西にあるワトゥ・カルンは、ワール…
  4. ゴールデンウィークやお盆等の期間は日本のみとなりますが年末年始は世界各国のお客様で大変込み合います。…
  5. ヒンドゥーが多くの文化・芸術を生み出したバリ島。世界のブランドホテルなど多くのホテルがバリの自然と融…

旧ブログ記事

お問合せ

WEB限定キャンペーン

航空会社別ツアー検索

ガルーダ・インドネシア航空
大韓航空
中国東方航空
中国南方航空

INSTAGRAM

ソーシャルメディア

ページ上部へ戻る