ロンボク島(グルプック) :素朴な島でゆっくりとサーフィン

*バリ島のすぐ隣とは思えないほど雰囲気の違う島
バリ島から飛行機で約30分の西隣にあるのがロンボク島です。バリ島がヒンズー教徒のバリ人から構成されるのに対し、ロンボク島はイスラム教徒のササック族から成っています。人々の会話にはササック語が使用され、町はモスクやイスラム衣装に身をまとった人々で彩られており、バリ島とは違った景色が広がっています。

ロンボク島とバリ島では人種や宗教の違いだけでなく、自然にも大きな違いがあります。2つの島の間の海峡には動植物の生態系分布を分ける「ウォーレス線」というものがあり、その線によってバリ島側が東洋区、ロンボク島側がオーストラリア区とされています。その為、島全体の景色がバリ島とは違ってみえるわけです。

*メローなイージーブレイクでサーフィンを堪能できるグルプック
島の南部にあるサーフポイント「グルプック」。以前は空港から車で2時間半ほどかかっていましたが、2012年に空港移転したことによって40分ほどに短縮され、アクセスがぐっと便利になりました。
グルプックは数年前までは何もない小さな田舎の漁村でしたが、その波の良さからここを訪れるサーファーが後を絶たず、今ではホテルやレストランができ、ちょっとしたサーフ村のようになってきています。

グルプック湾の中にはサーフポイントが4つあり、年間を通してサーフィンができます。いずれのポイントも漁港からジュクンと呼ばれる小型のボートに乗って5-10分です。全体的にメローな波質で、ショートもロングもボディボードも楽しめ、ビギナーもOKです。

■インサイド
レギュラー&グーフィーのメローな波。ピークから乗ればロングライトも!インサイドの方まで乗り継ぐと浅くなってくるが、リーフは海草に覆われているのでそれほど問題はない。

■カメ
レギュラー&グーフィーのメローな波。サイズはインサイドよりもやや小さめ。

■コドモポイント
その名の通り、サイズが小さめでローカルキッズが練習す時に使うポイント。

■アウトサイド
湾の入り口にある為、風が入りやすい。雨季がベスト。1番サイズが大きくパワーもある為、中~上級者向け。インサイドはかなり浅いので注意。

■グルプック周辺
車&ガイドをチャーターすれば、エカス、アイルグリン、マウイ、マウォンなどのポイントに行けます。波があたれば、人の少ない海での貸切サーフィン夢じゃない!

*ゆったりとスローにサーフィン三昧
のどかな村の空気とメローな波のせいか、ガツガツというよりは、ゆったり楽しく波乗りを楽しみたいというサーファーが多いグルプック。
そんなグルプックでの正しいサーフィライフは、
 - 朝起きてまず1R
 - 戻って来てからゆっくり朝食
 - ホテルでボーッとしたり昼寝をしての~んびり
 - 午後、軽く昼食を取ったら2R
 - 戻って来てシャワー
 - ゆっくり夕食
 - 満点の星空と虫の声を楽しみながら早めに就寝
です。
サーフィン以外は何もしないでとにかくゆっくりするのがオススメ。そうすると、自然と波以外の事は何も考えなくなってきて、日ごろのストレスなどが体から抜けていきます。

*「本当にこの道でいいの??」と不安になるようなジャングルの中の1本道を抜けていくと、グルプック村に着きます。
*風を切って走るボートに乗ってポイントへ。「海外へトリップに来た~!」という実感が沸いてきて、気分が盛り上がります!
*グルプック湾のサンライズ。季節とタイドによっては、こんな美しい朝焼けの中で、朝の1ラウンドを楽しめます。
*グルプックから車で15分ほど空港よりにある少し大きな町「クタ」にはホテルやレストランが集まっています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SOUTHERN RESORT WORKS

SOUTHERN RESORT WORKS

投稿者プロフィール

株式会社サザンリゾートワークス

インドネシアのバリ島やジョグジャカルタをはじめインドネシア各都市の旅行予約やツアー販売。ガルーダインドネシア航空のチケット代理販売などを扱う旅行代理店です。お客様ひとりひとりのご要望に合わせた、コンサルティング型の旅行手配を得意としております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の投稿

おすすめ記事

  1. バリ島から船で30分の場所、レンボンガン島にある5スターリゾート”バトゥ・カラン・ヌサ・レンボンガン…
  2. 目の前に広がる田園風景と、吹き抜ける心地よい風が心地よい素敵なウブド。バリ島もやっとジメジメとした雨…
  3. 各エリアのビーチでさまざまな楽しみ方ができるのもバリ島の魅力!ビーチでのんびりしたり、マリンスポーツ…
  4. 少し前の話になりますがアメリカのニュース専門局CNNにて「27 places to see befo…
  5. バリ島から日本への直行便( ガルーダインドネシア航空利用 )が、全て深夜発になり最終日をどのように過…

旧ブログ記事

お問合せ
ツアー検索

WEB限定キャンペーン

航空会社別ツアー検索

ガルーダ・インドネシア航空
大韓航空
中国東方航空
中国南方航空

INSTAGRAM

ソーシャルメディア

ページ上部へ戻る