初めてのサーフトリップ

僕が始めて南の島へサーフトリップに出掛けて行ったのは、今から28年も前のことだった。

 
デスティネーションは、ミクロネシアのグアム島だった。当時のグアムのサーフ事情といったら今にもましてサーファーの数も少なくクローズドな世界、解り易く言うと「よそ者はくるな!」と言う雰囲気が漂って
いた。

肝心な波はと言うと季節さえ外さなければパーフェクトなリーフブレイクが棚の上を遠慮なく転がっている。しかし、その波はパワフルかつワイルド、ちょっとやそっとじゃそばにも寄り付けないそんな印象
が今でも鮮明に残っている程だ。

こちらは、始めて見る本物の波に圧倒され大きなセットが入って来る度に心臓が大きくドキドキと騒ぎ出し、緊張と恐怖心一杯。像の背中にでもよじ上るかの様に必死でうねりの小山をよじ上るするとその奥には、親像がむれを引き連れてこちらへと向かって来る。アフリカのサバンナでのサファリならば声高らかににラッキーを連発する所だろうが、こちらは「どうか目の前で崩れず無事に越えられますように」と天にも祈る思いだった。

ちょっと話はそれるのだが、ビッグウェーブにチャージする時に持ち出す特別なサーフボードをガンと言うのだが、この名前の由来は巨像を射止める時に用いるエレフォントガンに由来している。つまりビッグウェーブを巨像に見立てた事からそう呼ばれる様になったのだ。ともかくそんな状況ではあったが一ヶ月程滞在していると次第に周りの空気にもなじみ、波とのヴァイブレーションも合い始めて行った。

この旅では多くの事を学びその後のサーフトリップのマスターピースとなった。

チャオ!Riku


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SOUTHERN RESORT WORKS

SOUTHERN RESORT WORKS

投稿者プロフィール

株式会社サザンリゾートワークス

インドネシアのバリ島やジョグジャカルタをはじめインドネシア各都市の旅行予約やツアー販売。ガルーダインドネシア航空のチケット代理販売などを扱う旅行代理店です。お客様ひとりひとりのご要望に合わせた、コンサルティング型の旅行手配を得意としております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 安さが決め手の中国東方航空のビジネスクラスでバリ島旅行へ!片道ビジネスクラス体験キャンペーン実施! …
  2. ■インドネシア各都市 シルバーウィーク・残席ございます!まだまだ間に合います。 ■2017年お…
  3. 日時 サンライズ (日の出時刻) …
  4. 他民族国家のインドネシア(バリ島)の祝祭日は大変!イスラム・ヒンドゥー・キリストと沢山の祝祭日があり…
  5. アラヤウブド
    「AIM HOSPITALITY」が運営するウブドのお洒落なスモール系リゾート。アラヤクタの姉妹店。…

旧ブログ記事

お問合せ

WEB限定キャンペーン

航空会社別ツアー検索

ガルーダ・インドネシア航空
大韓航空
中国東方航空
中国南方航空

INSTAGRAM

ソーシャルメディア

ページ上部へ戻る