進化するクタビーチを散策しました

普段はどうしても車で通りすぎてしまうクタビーチを、なぜか歩きたくなり汗を拭き拭きクタビーチホテルからバリパドマ周辺まで散策してみました。
進化するクタビーチをご紹介させていただきます。
ホテル選びの参考になりますでしょうか。

クタビーチといえば老舗ホテルのインナクタビーチからと思い散策を始めた。
インナクタビーチ(旧名:ナトゥールクタビーチホテル)は多分いまでも国営
かと思うが、なにしろクタビーチの目の前で最高のロケーションをである。

ただ、時代が変わるスピードに対応できず一世代前のホテルになっていた。

だが、このインナクタビーチが変貌しようとしている。ホテルの全容は解らないが
ビーチ前に新しくホテルを建築しており、どのように出来上がるかが楽しみだ。

ビーチを少し歩いてみた。何しろ凄い数の観光客がビーチパラソルの中に納まり
クタのビーチをエンジョイしていた。

ハードロック、メルキュールを通り過ぎると、なにやら一面ガラス風で4階建(多分)の
お洒落な建物が総仕上げを行っていた。多分ホテルとカフェ&レストランになるのだろか?

定番のマックを過ぎると、今はたいぶ宿泊代が高くなってしまったがクタシービューブテックリゾート&スパ
(旧名;クタシービューコテージ)が見えてきた。
いまでもサーファーのお客様にご使用していただいているが、少し仕切りが高くなってしまった感じは否めない。
でもおすすめのホテルではある。

角路地のポピーズ1通りを入ると、お土産屋さんが並び、またバンガローや新スタイルのホテルが点在してる。

その隣は以前サヒドシーサイドコテージがあった場所に、なにやらフロントデザインが波のイメージなのだろうか
緩やかなカーブを描いたデザインで1階にはカフェやレストランがすでに営業を行っている。
でもかなり巨大な建物になりそうだ。

そういえば約40年位前、初めてバリに来たときは、カルティアプラザ、クタビーチホテル、ヤササムドラ(現在はハードロックになっている)
から先はジャグルのように藪が密生していた。あのころ土地を買っておけば、今頃はバリで成功した不動産王にでもなり週刊誌で話題の人になっていたかも残念。

いつものようにクタのツーリスポリスがあり、もし盗難や置き引きなどにあった場合はここで証明書を発行してもらい、帰国後保険会社に請求してください。

その隣はサーファーに人気のグランドイスタナラマホテルがある。お洒落なカフェ&バーからは波チェックもできるのでおすすめ。
その角路地のポピーズ2通りを入ると、お値打ちホテルやおすすめホテルが点在する。

今はクタビーチロードに沿って建っているホテルは宿泊代も高いので、一歩街中に入ると意外とお気に入りホテルが見つかるかも。
どもホテル選びは旅連れ同行者や目的に合わせて勝負するときは勝負すべきかと・・・。

その先には今も営業を行ているのだろうかアングレックイン(かなり前に多分倒産したかも)がある。 この辺も再開発されていくのだろう。

先に進むと、ミニマートがありその裏手にも安宿が点在する。
その隣の広大な敷地も今後再開発されていくのだろうけど、その敷地の奥に新しくオープンしたベストウエスティンクタビーチが見える。

その隣にもホテルが建築中でオーシャンビュールームを重視したようなデザインになっている。ホテル詳細を確認してみよう。

さらに進むとサークルKやカフェレストランがあり、その隣にこれも波をイメージしたようなデザインのホテルが出来ていた。
「the STONES」でローリングストーンズを意識したのだろうかホテル&エンターテーメントがコンセプトのようだ。

その隣には女性に人気のホテルでよく旅行雑誌などにでていたアラムクルクルがある。ヴィラタイプのホテで併設のパパスレストラン
があり女性に人気のようだ。

今日の夕飯の為、隣のATMで少し現金を引出した。

ビーチに出てみた。ハーフウエイのビーチには旅行者がパラソルの中でビーチを眺めたり、または日焼けをしながら爆睡しているおじさんもいた。

クタビーチロードの散策をそろそろ終わりになろうかとしている。
またもや巨大ホテルが現れた。ちょうどクタビーチロードとメラスティ通りの角地に、以前はインタンコテージが建っていた。
以前(昔)バリのホテルといえばコテージ造りが普通だった。コテージには関門開きのドアがあり、内鍵はその関門開きのドアに棒を差し込む形だった。
屋根はわら葺でトッケイ、トッケイと鳴くヤモリ(トッケイ)と同宿した。

その巨大ホテルはホテルプルマンで1Fには日本料理店も入っていた。

クタビーチもどんどん進化している。
久しぶりに散策してみて、クタビーチには昔の面影は無くなりってきたが、いままで多くの旅行者を虜にしてきたようにこれからも多くの旅行者をバリ島に牽引していく活気を感じた。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SOUTHERN RESORT WORKS

SOUTHERN RESORT WORKS

投稿者プロフィール

株式会社サザンリゾートワークス

インドネシアのバリ島やジョグジャカルタをはじめインドネシア各都市の旅行予約やツアー販売。ガルーダインドネシア航空のチケット代理販売などを扱う旅行代理店です。お客様ひとりひとりのご要望に合わせた、コンサルティング型の旅行手配を得意としております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の投稿

おすすめ記事

  1. バリ島初の6つ星ホテル・バリ島最大リゾートであり「ムリア」とはインドネシア語で高貴を意味する、インド…
  2. ”アマンダリ・タイガー” 7世紀のこと、ヒンドゥー教の僧侶であるルシ・マルカンディアは、瞑想の…
  3. LEADING HOTELS OF THE WORLD and FINE HOTELS & RESO…
  4. 当社でラマヤナリゾート&スパの対象ツアーをご予約いただくと「サンクスキャンペーン」として豪華ホテル特…
  5. バリ島屈指の老舗ラグジュアリーリゾート「ザ・レギャン」「クラブアット・ザ・レギャン」を運営するLHM…

旧ブログ記事

お問合せ
ツアー検索

WEB限定キャンペーン

航空会社別ツアー検索

ガルーダ・インドネシア航空
大韓航空
中国東方航空
中国南方航空

INSTAGRAM

ソーシャルメディア

ページ上部へ戻る