ロンボクの仲間、グルプックサーフチームのエドゥ達に会いに久しぶり(4ヶ月程ですが)のロンボクです。バリでの宿泊はハーフウェイのビーチまで徒歩50歩くらいの安宿。だが部屋は清潔でバスタブ、エアコン付きだよ。部屋代は1800円くらい。ホテル名は忘れてしまったけど、興味があれば後で調べます。
翌朝、8時発のGTエアーでマタラム(ロンボク)と思い食事も取らず張り切って空港へ。 カウンターがなかなか開かないので、テレビのフライトインフォメーションを見たらナン~トなん~とフライトキャンセル。
そこはプロの旅行屋さん。 次のフライトが10時発のメルパチ航空あり。下手な英語で早速交渉を始める。 交渉のコツはまず不幸のどん底のような顔をして同情を買うこと。 5分位まっていたら「あなたはラッキー」とか言って搭乗券を手際よく私に渡してくれた。 ホッ・・・。

ロンボク島はバリを一回り小さくした感じの島で、3,800m位のリンジャニ山(15年位前に登ったけど湖があって形の良い山でした。)もあり。
島の中心のマタラムの人々はサーフィンエリアであるクタの人たちに対して少し見下した感じを持っているね。なにしろこの地域ではまともな仕事が無いし、今日食べる魚を捕るとか乾季になると乾ききった土地で作物を育てるくらい。 若者は都会に出てしまうのが現実。

うちは10年位まえからロンボクのサーフトリップを作っているけど、いつもサーフガイドが大問題。
どうしてもホテルにパラサイトとようについているサーフガイドとの契約がなんとなく決まりになっていた。
これが大変。 なぜかと言うとまたロンボクにリピートする際、前回と違うホテルに宿泊するとサーファーの取り合いになって大混乱。 また、ゲストへのサービス感覚がまったくないし船頭さんにお金を払わないとか・・・。
そんなことで、最近はサーフィンをビジネスにしようと考える若い世代のまともなローカルサーファーが育ってきたかなって感じ。 うちも今年、縁あってエドゥ率いるグルプックサーフチームと契約。そして結構時間を掛けてサーファーに安心で満足でき喜ばれるサービス提供をしようと話しあい十分理解してくれたと思う。
安心してサーフィンできる環境が出来上がってきたロンボクが大注目になるのは間違いないし、その結果、いろいろな仕事が生まれるし雇用の確保がこの地域の人々の地位向上になり、マタラムの人々以上の生活ができれば良いね。

エドゥ達はなぜか日本の芸能人に似ていると思いません?
例えばエドゥはナィンティナインの岡本、000は新庄とか。  日本語、英語もOKだからコミニュケーションもバッチリ。
なにしろ今ロンボクでNO1のスキルと情熱をもったグルプックサーフチームから目が離せない!
皆さんサーファーもまだまだ少ないロンボクの応援よろしくお願いします。

波乗り50の手習いおじさん 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SOUTHERN RESORT WORKS

SOUTHERN RESORT WORKS

投稿者プロフィール

株式会社サザンリゾートワークス

インドネシアのバリ島やジョグジャカルタをはじめインドネシア各都市の旅行予約やツアー販売。ガルーダインドネシア航空のチケット代理販売などを扱う旅行代理店です。お客様ひとりひとりのご要望に合わせた、コンサルティング型の旅行手配を得意としております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の投稿

おすすめ記事

  1. ヒンドゥーが多くの文化・芸術を生み出したバリ島。世界のブランドホテルなど多くのホテルがバリの自然と融…
  2. 平穏と静寂のラグジュアリー 芸術の村として名高いウブドの中心部から車で北へ約5分の場所に佇む、…
  3. パーティー
    お待たせいたしました… 世界中のパーティーピープルの皆様カモ~ン !!!!  普段、あんまり…
  4. Villa(ヴィラ)とは英語で「郊外や田舎の別荘・屋敷」という意味で、その名が示す通り、まるで1…
  5. アマンバリブレイク
    「アマンバリブレイク」ツアー、2017年3月31日まで代金発表!!! ■地域と文化の多様性を体…

旧ブログ記事

お問合せ

WEB限定キャンペーン

航空会社別ツアー検索

ガルーダ・インドネシア航空
大韓航空
中国東方航空
中国南方航空

INSTAGRAM

ソーシャルメディア

ページ上部へ戻る