GA航空 燃油サーチャージ 2017年2月1日~3月31日発券分までの見込み

2016-12-6

GA航空 燃油サーチャージ 2017年2月1日~3月31日発券分までの見込み。
※確定ではございませんのでご注意ください。

2017年2月1日~3月31日発券分に関して、ガルーダ・インドネシア航空の日本発着国際線1区間:3,500円(往復利用の場合は7,000円)は値上げの予定となっております。
※確定ではございませんのでご注意ください。

燃油サーチャージ

対象航空券 全ての航空券

①日本発着便

サーチャージ額
【2016年2月1日発券分から2017年3月31日まで】(※見込み)
■ガルーダ・インドネシア航空の日本発着国際線1区間: 3,500円(往復利用の場合は7,000円)
※ 日本発に関しましてはドル基準から日本円基準で適用額の確定をいたします。
【2016年12月1日発券分から1月31日まで】(政府認可済み)
■ガルーダ・インドネシア航空の日本発着国際線1区間: 2,500円(往復利用の場合は5,000円)

航空券発券からご出発までの間に適用される燃油サーチャージの額が変更となった場合の取り扱いは以下の通りです。

航空券を変更※1しない場合:差額調整は行いません。
航空券を変更※1する場合:

変更区間 差額調整
国際線第一区間 既にお支払いただいている額と航空券の変更を行う日に適用される額の差額調整を行います。
(差額調整は全ての旅程が対象となります)
国際線第一区間以外 差額調整は行いません。

※1
変更とは、便名の変わらない日付変更や旅程の変わらない便名変更、オープンの航空券に新しい予約をする場合も含みます。

②国内線(インドネシア内)

サーチャージ額
【2009年4月1日 発券分より】

■ガルーダ・インドネシア航空のインドネシア国内線燃油サーチャージは廃止

支払方法

航空券を発券時に有効な円建に換算してお支払いいただきます。

備  考

サーチャージ額はおひとり様1区間の金額です。
大人、小幼児ともに同額となります。

2008年7月1日以降発券分の日本発着便に関しては、座席を使用しない幼児(2歳未満)には燃油サーチャージはかかりません。

日本発着以外の国際線も区間毎に別途サーチャージがかかります。

航空保険料

ガルーダ・インドネシア航空では、2001年以後、航空保険料の変動や航空保安強化による費用増の一部を「航空保険料」として設定させていただき、お客様にご負担いただいておりましたが2013年1月1日以降発券分より航空保険料は廃止し、相当額を運賃に組み込むことといたします。

日本国内 旅客サービス施設使用料および旅客保安サービス料
旅客サービス施設使用料 成田空港 羽田空港 関西空港
出国 乗継 出国 乗継 出国
大人 2,090円 1,050円 2,570円 1,280円 2,730円
小児 1,050円 520円 1,280円 640円 1,370円

※乗継とは国際線同日乗継ぎ利用時。

旅客保安サービス料 成田空港 羽田空港 関西空港
出国 乗継 出国 出国
大人 520円 520円 100円 310円
小児 520円 520円 100円 310円

インドネシア空港使用料

インドネシアの国際線と国内線をご利用の際は空港使用料のお支払いが必要です。

2015年2月9日以降に発券し、3月1日以降にインドネシアの空港をご利用のお客様は国際線・国内線共に、航空券発券の際に航空運賃と合わせ、旅程に含まれる全ての空港使用料を所定の為替レートでお支払いいただきます。日本でご購入の場合は日本円でのお取り扱いとなります。

※2015年2月8日までに発券された航空券をお持ちのお客様は、チェックインカウンターまたは搭乗ゲートにて現地通貨、ルピアでお支払い頂きます。
※24時間以内、同一航空券で乗継の場合は国内線―国内線、国際線―国際線等一部支払いが除外される場合がございます。
※下記金額は予告なく変更される場合がございます。
※2歳以上のお子様も大人と同額。


最近の投稿

おすすめ記事

  1. 日時 サンライズ (日の出時刻) …
  2. ■アヤナリゾート&スパ/リンバ・ジンバラン・バリでは「12月初旬からクリスマス、さらに2017年ニュ…
  3. 2016/5/22は世界遺産ボロブドゥール遺跡にて「ワイサック祭り」が開催されます。 ワイサッ…
  4. バリ島ウブドのプタヌ川沿いに現れた至福のリトリート・ハイダウェイ「ザ・カヨン・リゾート」。 「…
  5. ジャワ島中部の田舎町に見つけた理想のサーフポイント 大小合わせて1万7千もの島々で構成される島…

旧ブログ記事

Select language

ツアー検索
お問合せ

WEB限定キャンペーン

INSTAGRAM

ソーシャルメディア

ページ上部へ戻る